安全を考慮する

2つのマンション

宅配ボックス付きの賃貸住宅を選ぶ工夫でより生活が快適になる

不動産会社やその関連出版社などが行っているアンケートで、常に上位の人気を誇る賃貸住宅の設備として、宅配ボックスが挙げられます。宅配ボックスは集合住宅において、宅配便を直接受け取らずに専用のボックスに受け入れることができる仕組みです。 この宅配ボックスがあれば、留守中でもわざわざ荷物をもう一度配達してもらう必要もなく、運送会社にとっても賃貸入居者にとっても便利な設備です。このため宅配ボックスのある賃貸住宅を選ぶ工夫で、さらに快適な生活を送ることができるようになります。 普段宅配便のやり取りが多い、例えばネットオークション愛好者や、ネットショッピングが好きな人、仕事上の関係で小包の受け渡しが多い人などは、特に賃貸住宅の宅配ボックスは役立ちます。

セキュリティ向上に取り組むオーナーが増えている

日本は比較的世界に比べて治安が良いとされていますが、それでも住宅に関連した犯罪は多く発生しています。プロの犯罪者グループによる集団空き巣など組織的な犯行も増えるなど、社会問題にもなっています。 そのような住宅の安全を揺るがす事件が起きる中で、賃貸物件に関してもセキュリティ向上に取り組むオーナーが多くなっっています。自分の所有する賃貸マンションやアパートでこれらの犯罪が起これば、入居者への迷惑だけでなく、物件価値の低下を招くことにもなり兼ねません。そのため各種防犯設備などの取り付けが進んでいます。 例えば玄関の鍵を空き巣にも破られにくいディンプルキータイプに取り替えたり、玄関のサムターン回しによる解錠を防ぐ、サムターンガードを取り付けるといった取り組みです。