探し方を知る

アパートと道路

物件を探しているのは、誰なのか忘れない事

賃貸物件を探す時は、常に誰が物件を探しているのかというのを忘れてはいけません。何故かと申しますと、特に一人暮らしで賃貸物件を探している場合、不動産会社に行って、色々と話をしている内に、何時の間にか自分ではなく、営業さんが物件を探しているという事もあるからです。そうしてしまいますと、自分が希望する条件が、だんだんと外れてきてしまい、しまいには予定していた家賃も高くなってしまう可能性がありますので、注意が必要なのです。ですので、賃貸物件を探す時は、常に営業さんにペースを握られるのではなく、自分が主導権を握る位のつもりで、条件や伝えたい事はきちんと伝えて、物件を探すようにしましょう。そうする事で、良い物件を探すことが出来ますよ。

不動産会社に行ったら、聞いてみよう

インターネットを見て、良い物件を見つけたけれど、もう少し家賃を抑えたいと思った事はありませんか。そういった時は、交渉をする事で、話を聞いてくれる不動産会社もあります。また、不動産会社に行って、物件を探してもらう時に、問い合わせた物件よりも、更に良い物件が無いかどうかというのを、聞いてみるのも一つのポイントです。何故かと申しますと、そうする事で、不動産会社側も、インターネットには載せていない物件を紹介してくれる可能性が高いからです。このように、良いと思った物件を見つけたら、そこで終わったと思うのはもったいないのです。交渉を積極的に行う事で、家賃や仲介手数料などを下げてもらう事が出来るかもしれません。ですので、賃貸物件を探す時は、お部屋を決めるまで、終わったと思わないようにしましょう。